福山市の注文住宅今井住建の採用案内 Recruitment 今井住建の採用案内

About 今井住建について

アイデアで人を豊かに、自分も豊かに。

「こんな家に住んでみたい」というお客様の声を、限られた予算内でカタチにする。
そのためには、プランニング、構造、素材とあらゆる場面で、経験やノウハウに加えて、アイデアが必要になってきます。
今井住建では、経験やノウハウを継承し、新しいアイデアでお客様の課題を解決していく。
それを続けることによって、お客様に本質的な価値を提供できると考えています。

家族のような会社、今井住建。

人生の中で、仕事をする時間は家族と一緒にいる時間よりも長くなります。
だからこそ社内では家族同然のような関係性を作ることに意識をしています。
毎日近くにいるからこそ、気づいて声をかける関係。
そういう関係性を大事にしています。
日々環境は変化しています。
その変化している中で、家族のように思い、支えあい、高めあうことにより、お客様に本質的な価値を提供できると今井住建は考えています。

もしも今井住建に興味を持っていただけたなら、まずは応募フォームより弊社に応募してください!

Job Description 募集要項

クリックするとそれぞれの募集要項ページ移動します。

Greeting 代表からのメッセージ

今井住建の代表からのメッセージ

代表取締役今井 照明

 地元福山には多くの住宅会社があり、お客様から依頼を受けて実際に自社の従業員で家づくりを施工している会社はごくわずかです。ほとんどの住宅会社が、自社工場を持たず下請の工務店に発注して完成したお家をお客様にお引渡ししている営業会社である為、お客様は余分な中間マージン(お金)を支払っているのが現状です。

 そこで今井住建では、「高性能な住宅を手の届く価格で」をモットーに市場で直接木材を大量に仕入れる事により、自社倉庫で保管し自社の工場での木材加工をし、自社大工による施工をすることによりお客様に還元するノウハウを確立しました。

 また、当社では土木事業部もある為、土地の造成工事・外構工事までもワンストップで完結できるのでさらにコストを抑える事ができます。お客様にとってマイホームは一生に一度か二度あるかないかという中、人生において家づくりがすべてではないと思っています。マイホームを持つ事により幸せに暮らすご家族もあれば、返済が苦しくなりお家を手放さなければならないご家族もたくさん見てきたからこそ、手の届く価格でご提供する事がお客様の「大切な暮らし・家族・財産」を守り続ける事だと思います。

 我々今井住建のお家づくりは、完成後お引渡しを終えて終わりではなく、お引渡しからお客様とのお付き合いが始まり、お引渡しから10年後、お客様より「良い家を建ててくれてありがとう」と言って頂ける事が私たちの喜びであり、私たちの目指す家づくりでもあります。今後も家づくりを通して、お客様のご要望にお応えし、笑顔と感動を届ける企業を目指してまいります。

Voice スタッフボイス

今井住建のスタッフ  大工今井 靖博

大工 今井 靖博

お仕事を通じて得たものは?

お客様から今井住建で建ててよかったと言われた時はもちろん、今井住建の従業員さんは親切と言われたことがあり、その時にうれしかったのを覚えています。

一言で言うと今井住建はどんな会社ですか?

大工バカ

今井住建のスタッフ  土木今井 義文

土木 今井 義文

お仕事を通じて得たものは?

お客様からのありがとう

求人応募を考えている方にメッセージを!

あなたの力と知恵が必要です!

Company 会社概要

社名 株式会社 今井住建
役員 代表取締役 今井 雅之
設立 1990年
本社 〒720-1131
広島県福山市駅家町大字万能倉109-13
プレカット工場 〒720-2522
広島県福山市駅家町服部永谷13-3
TEL 084-976-2653
資本金 1,000万円
資格 ・宅地建物取引業許可 広島県知事免許(7)第7705号
・建築設計 広島県知事登録09(2)第1327号
・建設業許可 広島県知事般-27第23183号
事業内容 1. 建築請負業
2. 不動産売買
3. 土地分譲
4. 造成事業
5. 太陽光発電事業
6. 貸家・賃貸の斡旋
7. 公共事業
取引銀行 ・広島銀行
・もみじ銀行
・両備信用組合
・中国銀行
ZEH 今井住建はZEHに対する目標値を下記にて設定します。
2016年度目標 / 5%(実績:1棟)
2017年度目標 / 10%(実績:0棟)
2018年度目標 / 20%(実績:0棟)
2019年度目標 / 100%(実績:18棟)
2020年度目標 / 100% (実績)
2025年度目標/80%
上記の基準でZEHの普及に向けて取り組んでまいります。
TOP