価格 | 先払いシステムでコストを抑える

先払いシステムでコストを抑える

支払い方法によるコストの違い

一般的な建材仕入れは代金後払いが常識です。しかし、この代金後払いでは、売り手は売掛の回収ができなった時のためにリスクを商品価格に上乗せするため、その分のコストが住宅価格に反映されています。
そこで私たちは、WEB発注と先払いシステムを併用することで、通常の取引よりも仕入れられるようにしました。
また、中間業者が介在しないので、中間マージンも発生しません。